手塚治虫さんら暮らしたアパート、細部にわたり再現 トキワ荘ミュージアム開館

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
看板(左)のさびた質感など、細部にわたってかつての様子を再現した「トキワ荘マンガミュージアム」=東京都豊島区南長崎3で2020年7月3日午後0時44分、川村咲平撮影
看板(左)のさびた質感など、細部にわたってかつての様子を再現した「トキワ荘マンガミュージアム」=東京都豊島区南長崎3で2020年7月3日午後0時44分、川村咲平撮影

 手塚治虫さんや赤塚不二夫さんら著名な漫画家が生活し、作品を生み出したことで知られる伝説の木造2階建てアパート「トキワ荘」を復元した「豊島区立トキワ荘マンガミュージアム」(東京都豊島区南長崎3)が7日から一般公開されている。新型コロナウイルスの影響で公開は3カ月半遅れたが、早くもファンの人気を集めている。

 トキワ荘は昭和30年代に若かりし頃の手塚さんら若手漫画家が暮らし、切磋琢磨(せっさたくま)した。数多くの漫画家の自伝などにその名が登場して脚光を浴びるようになった。

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文522文字)

あわせて読みたい

注目の特集