メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自宅にもあるアレで越水防ぐ、驚きの「畳堤」 兵庫・揖保川流域たつの市に設置

畳を模した啓発用パネルを畳堤の枠に設置する作業員ら=兵庫県たつの市龍野町川原町で2020年7月7日午後5時10分、幸長由子撮影

 梅雨の長雨時期を迎え、今年も九州を中心に水害で大きな被害が出た。兵庫県西部を流れる1級河川・揖保川では、たつの市の堤防に、景観と治水のバランスに配慮した全国でも珍しい水防設備「畳堤(たたみてい)」が備わる。増水時、流域住民が自宅の畳を持ち出してでも越水を防ごうという覚悟で設置されたという。どんな仕組みなのだろうか。

 国土交通省姫路河川国道事務所によると、畳堤は増水に備え、堤防上に設置された欄干状のコンクリート枠の溝に、上から畳を差し込んで河川の越水を防ぐ。横長にした畳を差し込むと、堤防を約90センチ分かさ上げできる。畳が水を吸収して膨張するため、強度が増すという。堤防自体をかさ上げすることに比べ、普段の景観を保てるのが利点だ。

 全国でも他に、岐阜県の長良川、宮崎県の五ケ瀬川にあるだけ。たつの市では約60年前、洪水が頻発していた揖保川の治水対策として、3地区計約3・1キロに設置された。当初はコンクリートの壁のような堤防を造る案もあったが、「美しい川の風景を守りたい」との住民の声があり、非常時には各世帯の畳を提供する覚悟で畳堤が設置された。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  2. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  3. 「揚げ足取りばかり」「対案示さない」 野党に厳しい意見 毎日新聞世論調査

  4. 「相棒」 芦名星さんの代役立てず テレビ朝日会長「得がたい存在」

  5. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです