メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おとなの週末

大塚にある大人気のとんかつ店☆柔らかく厚みのあるジューシーなロースカツが名物♪

情報提供:おとなの週末

2018年9月、うれしいニュースに街がわいた。あの『逸業』が半年ぶりに復活!。

とんかつ逸業(最寄駅:大塚駅)

街の名店が再始動 蒸すように揚げる瑞々しいとんかつの味

元々のスタートは今から3年前で、駅を挟んだ反対側の北口に小体な店を構えたところ、たちまち大塚のとんかつと言えば、と名が挙がるほどの人気になった。福建省出身の店主・黄さんは、和食の料理人から転身。よく天ぷらは蒸し料理だというけれど、黄さんによればとんかつも同じだという。粗挽きの生パン粉で包んだ豚肉に低温の植物油でゆっくりじんわり火を入れていく。「上ロースカツ」がその真骨頂。分厚い身からは、したたるほどに肉汁があふれ、ジューシーを超えてもはや瑞々しい。ふっくらご飯にダシの利いた味噌汁。まさに完ペキ! のひと言に尽きるのだ。

上ロースカツ定食

1700円 af020f4fc3d3ddc40dbd962c4d5b65ff 国産豚肉を1人前220gとボリューム満点にカット。中心はほんのりピンク色でまさにパーフェクトな火入れだ。ご飯は浸水してから冷蔵庫でひと晩寝かし、ふっくらもっちりの炊き上がり

ヒレ・海老定食

1800円 d7e89a825301798f8b448b3dc0b89320 ヒレ2枚にエビ(ブラックタイガー)2尾が付く。パサつきがちなヒレ肉もしっとりと仕上げる技に脱帽!

カツ丼ソース味(ロース)

1400円 ランチタイムは1100円 c228250098015e7b06452695bf8042a8 ウスターに白ワインやリンゴなどを合わせて炊いた自家製ソースが旨さの決め手。爽やかな酸味とたっぷりのキャベツであっさりいただける

お店からの一言

b980d929046bf915270ba783db43d3b2 店主 黄 杰生さん 「じっくり煮込んだルウで作るカツカレーも人気です」

とんかつ逸業の店舗情報

1e062d31fcab94b86101780702891c10 [住所]東京都豊島区南大塚3-53-3 [TEL]03-6875-3080 [営業時間]11時~14時LO、17時~21時半 ※ランチタイム有 [休日]日 [席]カウンターあり、全16席/全席禁煙/夜は4名以上で予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線大塚駅南口から徒歩2分

電話番号 03-6875-3080
撮影/大西尚明 取材/菜々山いく子 2019年7月号発売時点の情報です。

関連記事

【閉店】牛かつ あおな 高田馬場店|霜降り和牛を使用!ダントツの極上肉(牛かつ/高田馬場)

[閉店]組み合わせは無限大の牛かつ!多彩なソースと調味料(牛カツ/末広町)

【閉店】牛かつ たけわか|埼玉県に初進出の“ザブトン”牛かつ(牛カツ/越谷)

とんかつ すぎ田(とんかつ/蔵前)のグルメ記事とトンカツの写真

丸五(とんかつ/秋葉原)|秋葉原のとんかつ好きを魅了する一軒


情報提供:おとなの週末

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株続落、509ドル安 1カ月半ぶり安値 コロナ再流行の影響懸念

  2. 台風12号が北上 本州接近へ 23~25日、大荒れ警戒

  3. 4連休最終日 空の便は午後の予約率97% 高速道も朝から渋滞

  4. 欧州ニュースアラカルト 「記録的な熱波は始まりに過ぎない」 ポルトガルの若者が欧州人権裁判所に提訴

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです