メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第75期本因坊戦 第5局 封じ手は「6の十四」

 <大和証券>

 <先番・芝野虎丸名人-本因坊文裕>

 本因坊文裕(もんゆう)(31)=井山裕太九段=に芝野虎丸名人(20)が挑戦し、文裕の3勝1敗で迎えた第75期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、大和証券グループ協賛)の第5局は9日、三重県鳥羽市の老舗旅館「戸田家」で2日目の対局が始まった。

 雨はさほど強くないが、旅館15階の対局室から遠くに見える島影は煙っている。定刻の午前9時、両対局者が前日に打った70手までを再現すると、立会の山城宏九段が芝野の封じ手を開け、「6の十四」と読み上げた。左辺白石へのノゾキだ。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エビ中」安本彩花さん、悪性リンパ腫治療で当面の間休養

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです