メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 公共の場で外国人や外国出身者へのヘイトスピーチを繰り返した場合には罰金を科す。

 全国初の差別禁止条例が7月から川崎市で全面施行された。

 差別行為への一定の抑止効果が期待できる。だが差別意識を減じるのは容易ではない。自分とは無関係。そう思い、考えることをしない人が多いからではないか。

     ◇

 元書店員のライター、永江朗さんが昨年出した著書「私は本屋が好きでした」が話題になった。

 書店には中国や韓国の人を差別する「ヘイト本」(憎悪扇動本)があふれる。永江さんは出版社だけでなく、出版流通システムの問題を指摘する。

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです