メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 公共の場で外国人や外国出身者へのヘイトスピーチを繰り返した場合には罰金を科す。

 全国初の差別禁止条例が7月から川崎市で全面施行された。

 差別行為への一定の抑止効果が期待できる。だが差別意識を減じるのは容易ではない。自分とは無関係。そう思い、考えることをしない人が多いからではないか。

     ◇

 元書店員のライター、永江朗さんが昨年出した著書「私は本屋が好きでした」が話題になった。

 書店には中国や韓国の人を差別する「ヘイト本」(憎悪扇動本)があふれる。永江さんは出版社だけでなく、出版流通システムの問題を指摘する。

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです