メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

劇場、オンラインの共演 エイチエムピーが新手法第2弾

「死者ノ書」の稽古(けいこ)風景=エイチエムピー・シアターカンパニー提供

 劇場で演技する俳優たちと、オンラインで演技する俳優たちが共に作る舞台「死者ノ書」が、7月17~19日に上演される。観客もリアルとオンライン、どちらの方法で見るかを選べる。

 エイチエムピー・シアターカンパニーの新作。同劇団は5月、新型コロナウイルスの感染を防ぐため、自宅で演技する俳優たちの映像をパソコンで1画面に重ね、実際の大阪の小劇場の名をとった「仮想劇場ウイングフィールド」の舞台として配信した。新作はこの手法を生かす第2弾。折口信夫の幻想小説「死者の書」が原作。奈良時代、二上山に沈む陽(ひ)に仏の姿を見た中将姫が、ふ…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  5. 新型コロナに無為無策の菅政権 全額国費で「面の検査」「社会的検査」を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです