メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風15号 安全第一に地域の人材育成 千葉南部災害支援センター長・加納基成さんに聞く /千葉

千葉南部災害支援センターの加納基成センター長=千葉県鴨川市で

ブルーシート張り替え講習会開催

 2019年9月の台風15号の被害が甚大だった県南部地域では、損壊した屋根の本格的な補修工事を行えず、ブルーシートでの応急処置を繰り返す家屋が残されている。大工などの職人不足に加え、都市部に比べ工務店の数が少ないといった地域事情から、工事が遅れているという。ボランティアの運営や地域の再生に取り組む民間団体の「千葉南部災害支援センター」(鴨川市)は、台風の季節を前にブルーシートの張り替えのノウハウが学べる講習会を開いており、地域の人材育成に取り組んでいる。加納基成センター長に話を聞いた。【聞き手・加古ななみ】

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1198文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 「無給医」巡り日本医科大に労基署が是正勧告 他の病院に影響も

  3. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 衆院広島3区自民候補はなぜ決まらないのか 二階氏がある「範囲」で聞く地元の意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです