メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風15号10カ月 東電、20課題に対応 停電時、巡視要員強化など /千葉

台風15号の影響で倒壊した送電線の鉄塔=千葉県君津市で2019年9月9日、本社ヘリから玉城達郎撮影

 2019年9月9日に台風15号が千葉市付近に上陸して10カ月となった。県内では約7万8000棟の住宅が損壊し、大規模な停電が長期間続いた。今年も既に全国各地で豪雨被害が発生している。本格的な台風シーズンを前に、県内の備えはどうなっているのか取材した。

 15号を巡り、東京電力ホールディングス(HD)と東電パワーグリッド(PG)は6月、停電対策の取り組み状況を公表した。災害に備えた事前の体制づくりや、停電の早期の全容把握などに向け、自治体との協定締結、停電時の巡視要員の強化など20項目の課題への対応をまとめた。1日からは非常災害時にホームページ(HP)で復旧の見込みを知らせる「停電復旧情報」の運用も始まった。

 東電HDが1月に公表した15号の対応検証報告書などによると、県内では15号が上陸した19年9月9日の午前8時時点で約64万軒の大規模な停電が発生。全域でおおむね復旧するまでに約16日間を要した。県内の電柱1750本と君津市の送電線の鉄塔2基が倒壊。鉄塔は暴風そのもので倒れた一方、電柱が倒れた原因は、倒木や建物の倒壊が1311件、ビニールハウスなどの飛来物が265件、土砂崩れなど地盤の影響が174…

この記事は有料記事です。

残り1205文字(全文1712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです