メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

養老先生のさかさま人間学

大変、でも損ばかりでない

イラスト・佐藤学

 新型コロナウイルスのために、病院が大変なことになりました。

 こうした感染症では入院しなければならないので、すぐに病院がいっぱいになってしまいます。そうなると、他の病気の患者さんにまで十分に手が回らなくなるので、大変なのです。これを短く「医療崩壊」などと呼んでいます。

 感染症は医者や看護師にもうつるので大変です。わたしの友人の医師たちも、病気をもらった人が何人もいます。

 新型コロナウイルスに限らないのです。わたしが若い頃に多かったのは結核でした。父は10人兄弟でしたが、半分以上、結核で死んでいます。今は結核の治療法ができているので、昔ほど心配な病気ではありません。

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  3. イオン、就業時間中は全面禁煙に 従業員45万人対象 「卒煙」支援も

  4. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです