メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

次は「1国1教育」か=坂東賢治

 <moku-go>

 9月入学の中国では例年、6月の卒業を前に全国統一の大学入試が実施される。高等教育機関の試験(考試)という意味で「高考(ガオカオ)」と呼ばれる。今年は新型コロナで1カ月延期され、7、8日に実施された。

 1071万人が参加した世界最大規模の入試だ。大学進学率は5割弱で、800万人近くが大学の門をくぐれる。進学率が2割に満たなかった2000年以前よりは広くなったが、北京大や清華大など有名校は依然、狭き門だ。

 「教育強国」を目標に掲げる中国は18年の国際学習到達度調査(PISA)で、読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーの3部門共に世界トップに立った。

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文1030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです