メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

次は「1国1教育」か=坂東賢治

 <moku-go>

 9月入学の中国では例年、6月の卒業を前に全国統一の大学入試が実施される。高等教育機関の試験(考試)という意味で「高考(ガオカオ)」と呼ばれる。今年は新型コロナで1カ月延期され、7、8日に実施された。

 1071万人が参加した世界最大規模の入試だ。大学進学率は5割弱で、800万人近くが大学の門をくぐれる。進学率が2割に満たなかった2000年以前よりは広くなったが、北京大や清華大など有名校は依然、狭き門だ。

 「教育強国」を目標に掲げる中国は18年の国際学習到達度調査(PISA)で、読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーの3部門共に世界トップに立った。

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文1030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. ワクチン接種の新システム、国は個人情報扱わない方針 自治体などが情報登録

  5. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです