メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

検察幹部を国会同意人事に=登誠一郎・元内閣外政審議室長

登誠一郎 元内閣外政審議室長

 毎日新聞の世論調査によると、5月初めには40%あった安倍内閣の支持率が、下旬には大幅に下落して27%になり、その後も低迷を続けている。これは2012年末の第2次安倍政権発足以来最悪の水準であり、政権の危機がささやかれている。

 この直接の原因は、政権の信頼が厚かった黒川弘務・前東京高検検事長による緊急事態下の賭けマージャンであるが、それよりも深刻な問題は、厳正中立であるべき検察官の定年延長の可否を「内閣が定める事由により」個々に判断するとの検察庁法改正案である。

 これは、独立性、中立性が求められる検事の任命に関して、一定の「民主的コントロール」を及ぼすことが本来の目的であるべきなのに、「内閣が定める事由」が何を示すかの具体的な基準が、法案上においても国会審議においても全く明らかにされていないので、政権に都合の良い検事を優遇するという恣意(しい)的な運用につながるという批判を招いたのである。

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1240文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです