「発射前でも攻撃、合憲」 河野防衛相が「敵基地」言及

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 河野太郎防衛相は8日の衆院安全保障委員会で、日本への弾道ミサイルの防衛のため、ミサイル発射前の段階で敵の発射台や基地を攻撃することは憲法上許容されるとの考えを示した。

 立憲民主党の篠原豪氏への答弁。篠原氏は「敵基地攻撃が許されるのは(発射直後の)ブースト段階のミサイル本体であって、発射台、基地そのものを攻撃するのは違憲では…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

あわせて読みたい

注目の特集