メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こころの天気図

祖父母の活躍支援=東京大教授、精神科医 佐々木司

佐々木司 東京大教授 精神科医

 新型コロナウイルスの感染拡大は、職場だけでなく、家庭にも大きく影響した。たとえば、学校などの休校・休園で子どもがずっと家で過ごすようになったことだ。これが親の生活にも影響したことはニュースなどで報じられた通りだ。子どもが可愛いといっても一日中面倒を見るのは大変だし、あまりにぎやか過ぎると神経がもたない。給食が利用できず昼食も準備しなくてはいけないのも大きな負担だったろう。

 この負担、実は親だけでなく、多くの祖父母も大変だった。子どもの面倒を毎日祖父母が見ていたという家庭もまれではない。中には何十分もかけて孫の家まで出向き、朝から晩まで面倒を見て帰宅という生活を送った人もいる。

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 世界を変えた女の子

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです