メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜豪雨 一時4000人孤立 線状降水帯拡大、ゆっくり移動か 坪木和久・名大教授の話

 大雨特別警報が出された岐阜県などの豪雨について、名古屋大宇宙地球環境研究所の坪木和久教授(気象学)は「西からゆっくりと移動してきた雨域の中で発達した線状降水帯が、岐阜県内で強い雨を発生させ、その後ゆっくりと東に移動しながら長野に入った」と分析。線状降水帯は雨域が西側部分に広がって、ゆっくりと移動したため雨が長期化した可能性もある…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見 官邸職員が記者の腕つかむ 朝日新聞社が抗議

  2. ABCテレビ、報道番組「キャスト」スタッフが新型コロナ陽性 感染の女性アナと仕事

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです