メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発熱や消毒の対応は 秋田県教委がコロナ禍の避難所運営研修

避難所の受け入れ作業の体験をする研修参加者=秋田市で2020年7月8日午後2時57分、下河辺果歩撮影

 秋田県教育委員会は8日、新型コロナウイルス感染が収まらない中での災害発生に備え、避難所運営について確認しようと市町村の担当職員などを対象にした研修会を開いた。

 参加者は避難所のレイアウトを考え、泣きわめく子供、職員に罵声を浴びせる人、認知症の高齢者、日本語の分からない外国人などの役を設けたうえで、いかに対応するかを検証。発熱が続いていると申告した人を専用スペースに誘導する手順も実演した。

 終了後には「もっと人が多かったら指示の声が聞こえないかも」「実際に熱がある人が来たら、現場がパニックになるのでは」といった声が上がった。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです