メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼の警備船2隻流失 9日も大雨の恐れ

長良川が増水し、冠水した長良橋付近右岸=岐阜市長良福光で2020年7月8日午前11時9分、横田伸治撮影

 活発な梅雨前線の影響で岐阜県内では8日、激しい雨が降り、中津川、恵那、郡上、高山、飛驒、下呂の6市に大雨特別警報が出された。県内の約8万2000世帯、約20万4000人に避難指示がでたが、けが人は確認されていない。岐阜地方気象台によると、前線が活発な状態は続くと見込まれ、9日も多い所で1時間に30ミリほどの雨が降る恐れがある。【黒詰拓也、大竹禎之、横田伸治】

 高山市では滝町の民家や、朝日町西洞でも住宅に土砂が流れ込んだが、消防が住人を救助するなどした。各地で土砂崩れが発生…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

  5. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです