古いやかんでスポーツ飲料 13人が食中毒 内部に蓄積の銅溶け出す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
やかん(写真はイメージです)=ゲッティ
やかん(写真はイメージです)=ゲッティ

 大分県は8日、臼杵市の福祉施設でステンレス製のやかんに入ったスポーツドリンクを飲んだ70~90代の男女13人が、嘔吐(おうと)、吐き気などの症状を訴える食中毒になったと発表した。水道水に含まれる微量の銅成分が古いやかんの内部に蓄積し、酸性の飲料で溶け出したことが原因とみられ、極めて珍しいケースという。

 県食品・生活衛生課によると、福祉施設はステンレス製のやかんで湯冷ましをつくり、スポーツドリンクの粉末を入れた。そのスポーツドリンクをデイサービスの利用者が6日午前10時20分ごろ、一人あたり150㏄を飲んだところ、嘔吐などの異状を訴えた。

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文488文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集