メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校生は専用バスで通学を 満員列車対策、徳島県教委が臨時で運行へ 

朝の通学時間帯で混み合うJR牟岐線の列車内=徳島市寺島本町西1のJR徳島駅で2020年7月3日午前7時45分、岩本桜撮影

 徳島県教委は、新型コロナウイルス感染対策として、混雑が著しいJR四国の列車で通学する県立学校生対象に、貸し切りの大型バスを走らせると決めた。列車とバスに生徒を分散させることで、「3密」を防ぐ狙い。7月末から10月末まで運行する予定。事業費は3000万円。【岩本桜】

 県教委は6月、県立学校(47校)の生徒へ通学時に利用するJRの列車を調査した結果、2~4両編成の車両のうち、3区間で200人以上、8区間で100人以上が同じ列車に乗車していることが判明した。このほか、一般の通…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副厚生労働相に三原じゅん子氏 がん克服 党女性局長など歴任

  2. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ORICON NEWS 『夏目友人帳』新作アニメ制作決定、2021年初春上映 2つの短編エピソード

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです