メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台縦横ときどきナナメ

アラフィフ女優、コロナ自粛での挑戦 カナダ戯曲「NYOTAIMORI」を上演

Ova9のメンバー=Ova9提供

 ちょっと刺激的なタイトルは、実は原題のまま。アラウンド50の女優や演出家、翻訳家らで作る演劇ユニット「Ova9(オヴァキュウ)」が第2回公演として挑むのが、カナダ・ケベックの劇作家、サラ・ベルティオームの「NYOTAIMORI~ニョタイモリ~」だ。Ova9代表の松熊つる松(青年座)は「新型コロナ感染症の影響で、私たちはいやが応でもそれまでの生活、人生において立ち止まることを余儀なくされた。登場人物たちは、今流れているニュースにアクチュアルにつながる。期せずしてタイムリーな作品となった」と意義を語る。

 30代の新劇女優7人で作る演劇ユニット「On7(オンナナ)」に刺激を受けて、結成されたのがOva9。2019年4月の第1回公演「Necessary Targets」(イブ・エンスラー作)では、女性に対する戦時暴力の問題に斬り込んだ。今作は18年にモントリオールで初演された。メンバーの山上優が訳・演出を手がける。

 軸となるのは、将来性のある職業についてリポートするため、元縫製工場だったオフィスをインタビューのため訪れた、カナダのフリーランスの女性ジャーナリスト、モード(磯部莉菜子)。しかし、リポートに追われすぎて、プライベートもままならない。自分がやっている仕事が全部キャンセルになるような自然災害が起こればいいのにとまで考える。

 そんなモードと、日本の自動車工場の生産ラインで働くヒデアキ・コマツ(松熊つる松)、インドの下着製造工場で低賃金労働をしている女性プリヤ・パテル(辻しのぶ)らが、グローバルに張り巡らされたサプライチェーンのごとく、奇妙に絡み合う。格差や分断、社会のひずみを生…

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文1408文字)

濱田元子

1989年10月入社。大阪本社学芸部などを経て、2010年から東京本社学芸部。18年から論説委員兼務。担当分野は現代演劇と演芸。年間350本以上の舞台を鑑賞。毎日新聞東京本社夕刊で毎月第4木曜にコラム「日々是・感劇」を連載中。共著に「春風亭一之輔 落語のたくり帖」(自由国民社)。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです