メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪で新たに30人の感染を確認 緊急事態宣言解除後、最多

[PR]

 大阪府は9日、小学生から60代までの男女30人が新型コロナウイルスに新たに感染し、うち21人が20~30代だったと発表した。5月21日に政府の緊急事態宣言が解除されてから最多で、1日当たりで30人以上の感染が確認されるのは44人だった4月29日以来になる。

 府は6月14日~7月8日に新たに陽性が確認された129人の分析結果も公表。18歳~30代が78%を占め、若い世代の感染が目立つ。74人の感染経路不明者の行動歴を調べると、35%が夜の繁華街で働く店員や客だったことも判明した。

 吉村洋文知事は府庁で記者団に対し、東京都と傾向が似ていると指摘。「若者の多くは無症状か軽症で医療逼迫(ひっぱく)にはつながっていないが、(重症化しやすい)高齢者に感染が広がる前に抑えたい」と述べ、夜の繁華街を利用する若者に感染予防の徹底を呼びかけた。【芝村侑美】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです