メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

枝元真徹氏

 霞が関で活躍する出身者には、県立高校の卒業生が多い。

 農林水産省では、官房長の枝元真徹氏(東大法84年農水省、写真)が、県立加治木高を卒業している。「高校に入って活動範囲が格段に広がった。市内への遊びや初日の出サイクリング、他県へ転校した友人を訪ねたこともある」と話す。同校の卒業生には小里貞利・元衆院議員がいる。同氏は全国の整備新幹線計画に関わり「ミスター新幹線」とも呼ばれた。阪神大震災では、震災対策担当相として復興支援に当たったことで知られている。

 水産庁増殖推進部長の黒萩真悟氏(鹿児島大水産86年農水省)は伊佐市出身だ。同市にある県立大口高を卒業した。俳優の榎木孝明氏は同校の卒業生だ。国際部国際政策課長の山口潤一郎氏(東大法93年農水省)も伊佐市(旧大口町)の出身で、県立鶴丸高を出ている。林野庁林政部企画課長の河南健氏(東大法93年農水省)は阿久根市出身で、同氏も鶴丸を出ている。「高校では下宿していた」と話す。山口氏と河南氏は高校で同級生…

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

  3. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです