メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良公園の景観を楽しめる瑜伽山園地

 奈良県は、奈良公園南端の浮見堂のある鷺池の南側に位置する1.3ヘクタールの敷地を「瑜伽山園地」として整備した。多くの文化人が交流した名勝地・奈良公園の風致景観をゆったりと堪能できるという。

 瑜伽山(ゆうがやま)園地には、明治から昭和初期にかけてこの土地の所有者だった大阪の財閥「山口家」が作庭した庭園遺構があり、当時は志賀直哉や武者小路実篤、小見寺八山など、日本を代表する文化人が交流したとされる。

 現存する庭園遺構は、高低差のある地形が巧みに生かされているとともに、園池や二つの滝石組を構えて全域に園路を巡らせ、石造物を配する空間構成は庭園として高い評価を得ている。県は、当時の作庭思想や護岸石の組み方などを踏襲して庭園や茶室を復元し一般公開することにした。

この記事は有料記事です。

残り1832文字(全文2163文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  2. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  3. 大阪うめきた 梅田墓に「大坂七墓」物証の人骨200体

  4. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

  5. 市民バス、ミスで1カ月「白バス行為」 秋田・大仙市、有償運送者更新忘れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです