メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

「私しか治せないと思いました」 渡辺満里奈さんが夫の“うつ”を振り返る

「サワコの朝」に登場する渡辺満里奈さん(右)=MBS提供

[PR]

 7月11日放送の「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、午前7時半~8時放送)のゲストは、渡辺満里奈さん。

 15歳の時にアイドルグループ・おニャン子クラブの一員としてデビュー。飾らない、自然体のキャラクターでバラエティー番組には欠かせない存在となった。最近は、情報番組のコメンテーターとしても活躍。デビューから35年を迎える今も、変わらない魅力で人々に愛され続けている。

 どんな仕事でも楽しんでチャレンジしてきたというポジティブな満里奈さんだが、アイドル時代には、出演したバラエティー番組で、つらさのあまり思わず泣きそうになった仕事があったそう。

 一方、プライベートでは、2005年にお笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤さんと結婚。2人の子どもに恵まれた。番組では、交際が始まる6年前、将来、夫婦になるなど思いもしていなかったころの2人が共演する貴重な映像を紹介。「ものすごく優しかった」と名倉さんについて語る満里奈さんに、出会いから交際までの秘話を披露してもらった。

 そして、交際からわずか9カ月で結婚。夫婦として10年以上の歳月を共に歩み続けてきた名倉さんと満里奈さん。しかし昨年、芸能界きってのおしどり夫婦に、思いもよらないできごとが起こった。夫・名倉さんに“うつ”の症状が現れ、およそ2カ月にわたり、レギュラー番組6本を休んで休養することになったのだ。

「その時は不安で、必死で。どうやって治していったらいいかなとか、どうしたらこの人が楽に気持ち良くいられるかなってすごく考えた」と当時の心境を明かすも、「私しか治せないと思った」と“覚悟”を決めたと満里奈さん。突然襲ってきた夫の病とどう向き合ったのか? 妻としての本音をサワコに語った。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです