特集

シネマの週末

ベテラン映画記者が一本の映画をさまざまな視点から論評を加えます。チャートの裏側も紹介。

特集一覧

シネマの週末・この1本

グッド・ワイフ 競った2人、後の生き方

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
映画「グッド・ワイフ」の一場面
映画「グッド・ワイフ」の一場面

 母、娘、妻、姉、妹……女性はいつの時代も誰かにとってのそうした存在として扱われてきた。映画を見終えたとき、現代社会でも問われるそんな問題を突きつけられた。経済危機に見舞われた1982年のメキシコを舞台にした、富裕層の女性たちの物語。「女性が人生の決断を他の誰かに委ねてしまうことの危うさを表したかった」というアレハンドラ・マルケス・アベヤ監督の力作だ。

 主人公ソフィア(イルセ・サラス)は地域の上流階級コミュニティーのリーダー的存在。実業家の夫フェルナンド(フラビオ・メディナ)との間に3人の子供がいるが、家事や育児は使用人に任せており、自身はオートクチュールの服に身を包んだ優雅な生活を送る。自己顕示欲が強いソフィアは、コミュニティーの新顔アナ・パウラ(パウリーナ・ガイタン)のことが気にくわない。なぜならアナの夫ハダットは証券会社を経営し、自分の夫…

この記事は有料記事です。

残り974文字(全文1351文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集