メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

氾濫に備え、監視カメラ 県が「簡易型」河川114カ所設置 ネットで画像公開「迅速な避難行動を」 /岩手

2016年の台風10号で氾濫した小本川に設置した簡易型河川監視カメラ=岩手県提供

 河川の氾濫に備えるため、県は簡易型監視カメラを県管理の河川に計114カ所設置し、県のサイトなどで画像の公開を始めた。水位の変化を把握しやすく、県は迅速な避難行動につながることを期待している。【安藤いく子】

 河川には従来、カメラを取り付けてきたが、費用が高額で、県管理河川で34カ所、国管理河川で27カ所にとどまっていた。2018年の西日本豪雨を受け、国と民間企業は共同で、首振りやズーム機能を省いた簡易型カメラを開発。費用の約8割カットを実現した。氾濫の危険が高い場所や、水位計しかな…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです