メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦後75年

仙台空襲、伝え続けねば… 語り部活動、初の中止 コロナ禍、進む高齢化に危機感 /宮城

仙台空襲の語り部活動を行ってきた新関昌利さん(右)と馬宮守さん=仙台市戦災復興記念館で2020年7月6日午後2時31分、滝沢一誠撮影

 終戦1カ月前に米軍の爆撃機が仙台市中心部へ焼夷(しょうい)弾などを投下し、約1400人が犠牲になった仙台空襲は10日で75年を迎える。同日から市戦災復興記念館(青葉区)で開かれる「戦災復興展」では空襲の体験者が毎年語り部活動を行ってきたが、今年は新型コロナウイルス対策のため、戦後75年の節目ながら中止に追い込まれた。【滝沢一誠】

 「当面の間、会員の皆様による語り部ボランティアを休止させていただきたい」

この記事は有料記事です。

残り1258文字(全文1461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  2. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  3. 「揚げ足取りばかり」「対案示さない」 野党に厳しい意見 毎日新聞世論調査

  4. 「相棒」 芦名星さんの代役立てず テレビ朝日会長「得がたい存在」

  5. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです