メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

筋ジスの新人・浦田市議奮闘 障害感じない世の中に 桶川 /埼玉

埼玉県桶川市議会の一般質問に臨む浦田充さん(右)=2019年12月

 筋肉が衰えていく難病「筋ジストロフィー」の浦田充さん(27)が桶川市の新人市議として奮闘している。「人の役に立ちたい」と政治家を志し、昨年11月に初当選した。当事者の視点で社会の壁を取り除き「障害を感じずに暮らせる世の中」を実現するために全力を注ぐ。

 「新しいバリアフリーの風を吹かせたい」。昨年12月、浦田さんは市議会の一般質問で、こうあいさつした。議会職員の介助を受けながら、JR桶川駅周辺にスロープなどを整備するよう求め、市当局に「計画だけでも早く作成を」と迫った。

 盲導犬を連れて傍聴した佐藤静子さん(66)は「一政治家として、どういう政治をするのか見ていきたい」と期待する。

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文811文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです