メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県が「フェーン情報」 コメ農家向け 高温障害対策で /新潟

 県は9日、コメの高温障害を避けるための「フェーン緊急情報」を新たに発信することを決めた。2019年にフェーン現象による高温障害で県産コシヒカリの1等米比率が約2割と激減したことを踏まえ、農家に早めの対策を呼びかける。

 この日開いた、異常気象への対応策などについて農業関係の部署やJA、気象台などと話し合う会議で公表した。

 緊急情報は、稲の出穂期で高温障害になりやすい7月下旬~9月上旬に発出する。気象台の台風情報や週間天気予報に基づき、フェーン現象が県内で起きる5日前を目安に、県がホームページや地元の土地改良区などに情報を提供。田んぼの温度が上がらないよう、田に十分に水をためることなどを求める。

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  5. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです