メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

第33回四季の山古志写真コンテスト 魅力あふれる作品募集 モバイル部門も継続 /新潟

2019年の長岡市長賞を受賞した、東京都府中市・杉本礼文さんの作品「激突」

[PR]

 長岡市山古志地域の四季を題材にした「四季の山古志写真コンテスト」を今年も開催します。写真愛好家や市民に人気の伝統あるコンテストは今年で33回目。山古志の魅力や四季折々の表情を存分に引き出した作品をお待ちしています。プリントした作品と同時に、2017年に開催30年記念として始めたモバイル部門の作品も引き続き募集します。入賞・入選作品の一部は21年版「四季の山古志」カレンダーに掲載するとともに、山古志の観光PRに活用されます。


募集要項

 ■作品 19年9月16日~20年9月15日の間に撮影した、山古志の四季を題材とする未発表の単写真。1人何点でも応募できます。サイズはカラープリント四つ切りかワイド四つ切り。デジタル写真は銀塩方式プリントに限り、合成、加工作品は応募不可です。<ご注意>地区の住民や祭りの参加者など特定の人物がクローズアップされるような作品を撮影、応募される際には、可能な限り被写体への了解を得るようお願いします。マナーには十分気をつけての撮影をお願いします。

 ■締め切り 9月20日(必着厳守)

 ■賞 長岡市長賞1点(賞状、盾、賞金10万円)▽毎日グランプリ1点(賞状、賞金3万円)▽新潟県知事賞1点(賞状、賞金1万円)▽長岡商工会議所会頭賞1点(同)▽春、夏、秋、冬の各部門賞各1点(同)▽新潟フジカラー賞、山古志観光協会賞各5点(記念品)▽モバイル部門・長岡観光コンベンション協会会長賞、同・毎日新聞長岡支局長賞各1点(豪華山古志特産品)

 ■発表 10月中に入賞者、入選者に直接通知。毎日新聞、スポーツニッポン新聞紙上に掲載

 ■応募方法 作品裏に画題、撮影年月、季節(春夏秋冬の別)、住所、氏名、年齢、電話番号を明記

 ■応募先 〒951―8106 新潟市中央区東大畑通1番町643 毎日新聞新潟支局「四季の山古志」写真コンテスト係▽新潟フジカラー取り扱いカメラ店

 注 応募作の返却を希望する方は、返送先を明記して必要な切手を貼った封筒を同封してください。応募した新潟フジカラー取り扱いカメラ店を通じての返却も可能。入賞、入選作は返却しません。

 ■モバイル部門の応募 ツイッターまたはインスタグラムで山古志観光協会の公式アカウント「小太郎(山古志観光協会)」をフォロー、各自のアカウントからハッシュタグ「#四季の山古志」を付けて写真を投稿する。

 ■問い合わせ 毎日新聞新潟支局(025・222・1515)

 ■主催 長岡市、毎日新聞新潟支局、日本報道写真連盟(日報連)新潟県本部、山古志観光協会

 ■後援 新潟県、山古志住民会議

 ■協賛 日報連東日本本部、新潟県毎日会、新潟毎日広告社、スポーツニッポン新聞新潟支局、新潟フジカラー、長岡商工会議所、長岡観光コンベンション協会、毎日新聞長岡支局

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. クローズアップ 自殺者、11年ぶり増加 思い詰める前に相談を コロナ禍、女性と若者顕著

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです