メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初版本、レコード、ゲーム… 「アリス」を楽しむ 新潟・新津美術館で企画展 /新潟

物語のあらすじを読みながら絵画を鑑賞する来館者=新潟市秋葉区の新津美術館で

 イギリス作家のルイス・キャロルによる児童文学「不思議の国のアリス」の企画展が、新潟市新津美術館で開かれている。作品に使われた挿絵など約190点を展示。9月6日まで。

 「不思議の国のアリス」は1865年にイギリスで出版。現在は約170の言語に翻訳され、誕生から150年以上たった今でも世界中で愛されている。

 3章構成となっているのが特徴で、1章は物語の誕生にまつわる資料、貴重な初版本や挿絵の素描など。2章は7人のアーティストによる挿絵とともに物語のあらすじを紹介。3章は物語をもとにした絵画、映像、写真、レコードなど多様な形の「アリス」を楽しめる。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. センバツ21世紀枠候補・矢上 球児の明るいスマイル 小さな町にもたらす笑顔

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです