メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県内・豪雨被害、復旧作業 地盤緩み、警戒呼び掛け 13地区905世帯、孤立続く 下呂、高山 /岐阜

 梅雨前線の影響で大きな被害が出た県内では9日、復旧作業が進められた。孤立した集落は減りつつあるが、午後4時現在、下呂、高山両市の13地区905世帯、2153人の孤立状態が続く。岐阜地方気象台によると、10日も多い所で1時間に30ミリの雨が降る恐れがあり、地盤も緩んでいることから、引き続きの警戒を呼び掛けている。【川瀬慎一朗、大竹禎之、黒詰拓也】

 高山市中心部から平湯、奥飛驒温泉郷方面を結ぶ国道158号では土砂崩れが発生し、孤立する集落も出ている。同市丹生川町根方では土砂が道路を埋め尽くしており、重機で土砂を押し固めて、復旧作業車の通行を確保するための作業が続いた。市内で作業にあたる建設会社の社員は「とにかく天候次第。まだ崩れてきそうな場所もあるため、復旧完了のめどが見通せない」と話した。

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大都市部高止まり傾向 東京561人、大阪463人 全国最多更新 新型コロナ

  2. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです