メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「のぼる小寺さん」 一生懸命さに感化され /愛知

 古厩(ふるまや)智之監督が撮る青春映画が好きだ。「まぶだち」「ロボコン」「奈緒子」「武士道シックスティーン」……。どれも忘れ難い。その最新作はボルダリングに打ち込む女子高生と、周りの同級生たちを描いた「のぼる小寺さん」。珈琲さん原作の人気漫画が、「聲(こえ)の形」「若おかみは小学生!」などを手掛けた吉田玲子さんの脚本で実写化された。さすがは古厩監督! 元「モーニング娘。」の工藤遥さんと、伊藤健太郎さんのキャスティングが秀逸だ。

 クライミング部の小寺さんは、中学で始めたボルダリングに夢中。すぐ隣で練習する卓球部になんとなく入った近藤は、何度でも立ち上がり壁に挑み続ける小寺さんから、なぜか目が離せなくなる。さらに、遅れてクライミング部に加わった四条、不登校ぎみの梨乃、ひそかにカメラを構えるありかも、小寺さんを見つめている。どうして彼女は登り続けるのか。小寺さんに出会った“まだ何者でもない”彼らは、やがて自らの一歩を踏み出し…

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文994文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「独立性が揺らぐ事態 任命拒否はありえない」 吉川弘之・元学術会議会長

  2. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです