メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「身近なもの」で災害対応 香川短期大、介護学ぶ学生に講習会 /香川

段ボールを使った間仕切りの作り方を岩本さん(中央)から学ぶ学生たち=香川県宇多津町の香川短大で、川原聖史撮影

 香川短期大(宇多津町浜一番丁)で8日、災害時の対応を学ぶ講習会が開かれた。介護福祉士を目指す学生15人が参加し、身近にある物を使って災害時のけがなどに対応する方法を学んだ。

 三豊市消防団女性部の岩本仁美部長(59)が講師を務め、地震などで物が散乱した室内を歩くための新聞紙スリッパの作り方のほか、ラ…

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文295文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです