メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

木村花さん急死「テラスハウス」 フジ誓約書、出演者束縛 「全て従う」「無条件賠償」

木村花さんがフジテレビなど制作側と交わした「同意書兼誓約書」=宇多川はるか撮影

 フジテレビの人気番組「テラスハウス」に出演し、ネット上で誹謗(ひぼう)中傷の末に急死した女子プロレス選手、木村花さん(22)に対し、制作側が「同意書兼誓約書」を課していた。演出を含む撮影方針に従わせ、従わずに制作に影響が出た場合には損害賠償を負わせるという内容。文書が木村さんにどんな影響を与えたのか。内容に問題はないのか。木村さんの母響子さん(43)や関係者の話をもとに考えた。

 花さんへの誹謗中傷が激化するきっかけとなったのは、出演者の一人がプロレスのコスチュームを誤って洗濯して使えなくなり、花さんが相手の帽子をはたいて強く抗議するシーン。花さんは生前、響子さんに「(相手を)ビンタしろとスタッフからあおられた。(プロレスラーなのに)ビンタはできないから帽子をはたいた」と打ち明けたという。

この記事は有料記事です。

残り2415文字(全文2764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  2. ORICON NEWS 竹内結子、第2子出産後初の公の場 息子の成長に感慨

  3. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  4. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  5. 時代の風 安倍前首相の評価 遂げた改革一覧に失望=ビル・エモット 英誌「エコノミスト」元編集長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです