メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

森友・改ざん強制、職員自殺 「無念」に応える徹底検証を=玉木達也(論説室)

赤木雅子さんからのメールが残る、俊夫さんの携帯電話=玉木達也撮影

 「疲れるほど悩んでる? 悩んだらだめよ」

 2018年3月7日夕、男性の携帯電話に届いたメール。最近の様子から何かあるのではないかと心配し、妻が送った。返信はなく、胸騒ぎを覚えた妻は仕事先から早く帰宅した。男性は一室で自ら命を絶っていた。54歳だった。

 亡くなったのは財務省近畿財務局職員、赤木俊夫さん。学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却を巡る財務省の決裁文書の改ざんを、幹部の指示で強制された。残された手記には、改ざんに「相当抵抗しました」と書かれていた。それでも関わったことに責任を感じ、心身のバランスを崩していた。

この記事は有料記事です。

残り1572文字(全文1837文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです