メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

地方では300万円で一戸建ても=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

 先日、宮城県内で中古の空き家物件を二つ見に行った。両方とも市街地の土地付き一戸建てで、価格は300万円ほど。築50年以上の古い家ではあるけれど、昔ながらの木製建具がかわいらしく、また、長きにわたって人が大切に住んできた家特有の、穏やかで落ち着いた雰囲気に満ちている。ちいさな庭がついていて、居間から眺められるのもうれしい。

 都会で暮らしていると、300万円で庭付き一戸建てを買えるなんて夢にも思わないだろう。それが地方へ行くと可能になる。可能どころか、歓迎されることが多いかもしれない。少子高齢化や人口減少に加え、地方では空き家の増加が問題になっているためだ。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです