メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第75期本因坊戦 第5局 文裕堂々、王者の風格 無双の治勲10連覇へ決意

第75期本因坊決定戦七番勝負第5局で芝野虎丸名人(左)に勝利し、感想戦で対局を振り返る本因坊文裕=三重県鳥羽市の戸田家で2020年7月9日午後6時39分、兵藤公治撮影

 <大和証券>

 <先番・芝野虎丸名人-本因坊文裕>

 囲碁界初の3冠対決を制し、本因坊文裕(もんゆう)(31)=井山裕太九段=が歴代2位タイとなる9連覇を達成した。若手ナンバーワンの芝野虎丸名人(20)を4勝1敗で降した第75期本因坊決定戦七番勝負は、王者にふさわしい堂々たる戦いだった。来期は、誰も並ぶ者はないと思われた二十五世本因坊治勲(64)=趙治勲九段=が持つ10連覇の記録に挑む。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う対局中断で、文裕にとって2カ月半ぶりの公式戦となった6月2、3日の開幕戦。大胆な捨て石作戦で芝野の力をかわし、検討陣をうならせた。3連勝の後、第4局は落としたものの、決着局となった第5局も余裕を持ってリードを保ち、勝ちきった。文裕は「最も強い芝野名人を相手にベストを尽くしていい結果を出せたことがうれしい」とシリーズを振り返った。

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文955文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  5. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです