メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

習主席批判本、国安法違反 香港・親中派重鎮が警告 「全国香港マカオ研究会」副会長・劉兆佳氏

「威嚇」不十分なら罰則強化も

 中国国務院(政府)が主管するシンクタンク「全国香港マカオ研究会」の副会長で香港親中派の重鎮、劉兆佳氏(73)が9日までに毎日新聞の取材に応じた。国家安全維持法(国安法)は中央政府転覆などの行為に適用されるが、劉氏は中国の習近平国家主席を批判する書籍を出版、販売した場合も国安法が適用される可能性があると警告した。

 劉氏は親中派知識人の代表的人物で、中国政府の香港政策に一定の影響力を持つ。習主席や中国共産党を批判する書籍について「国家の指導者に対する恨みを引き起こし、国内の対立をあおる書籍は国安法に違反する」と明言した。違法かどうかの判断は「香港政府と中央政府が協力して行う」と述べた。出版前の検閲については「香港に検閲の制度はない」と否定した。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです