「アイヌ差別」萩生田文科相が持論 「価値観の違いはあった」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
閣議後記者会見で持論を展開する萩生田光一文部科学相=東京都千代田区で2020年7月10日午前10時44分、大久保昂撮影
閣議後記者会見で持論を展開する萩生田光一文部科学相=東京都千代田区で2020年7月10日午前10時44分、大久保昂撮影

 萩生田光一文部科学相は10日の閣議後記者会見で、アイヌ民族の文化復興拠点として12日に北海道白老町に開業する「民族共生象徴空間」(愛称・ウポポイ)に関連し、「原住民と新しく開拓される皆さんの間でさまざまな価値観の違いはあったと思う。それを『差別』という言葉でひとくくりにすることが、アイヌ文化を伝承していくためにいいかどうかというのは、ちょっと考え…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

あわせて読みたい

注目の特集