メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山本太郎の現在地

(下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

記者会見で落選が濃厚となった東京都知事選についての質問に笑顔で答えるれいわ新選組の山本太郎代表=東京都新宿区で2020年7月5日午後9時13分、梅村直承撮影

 れいわ新選組の山本太郎代表は5日、東京都知事選落選を受けた記者会見で、次期衆院選の野党共闘について「消費税5%への減税が野党の共通政策にならない限り、私たちは単独でやる」と述べ、「消費税5%」の旗印を掲げ続けると明言した。山本氏はなぜ強気の姿勢を崩さないのか。

 山本氏の得票は65万票で、立憲、共産、社民の3党が推した宇都宮健児氏の84万票に届かなかった。とはいえ、れいわ関係者は「一定の存在感は示せた」と話す。昨年7月の参院選で、れいわは比例代表で228万票を獲得したが、このうち東京都内は45万票だった。知事選の得票はこれを上回り、「れいわ人気」の根強さを印象づけたためだ。

 山本氏は周囲に「野党が塊になることの重要性は痛いほど理解している。ただ、政権交代を目指すには、共闘に分かりやすいものを載っけないといけない」と漏らす。山本氏が考える「分かりやすいもの」とは…

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1201文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ORICON NEWS 元SMAP森且行選手、落車し緊急搬送 骨盤骨折で入院、全治不明

  3. 北朝鮮外交官が韓国に亡命か 「子どもに良い未来与えたい」

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです