メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ISとは?」過激思想と戦い続け “イラクの知性”ヒシャム・ハシミさん暗殺

過激派組織「イスラム国」(IS)の研究で知られるイラク人の安全保障専門家、ヒシャム・ハシミさん=2015年3月8日、秋山信一撮影

 過激派組織「イスラム国」(IS)の研究で知られるイラク人の安全保障専門家、ヒシャム・ハシミさんが7月6日、首都バグダッドの自宅前で暗殺された。ハシミさんは「ISとは何か」を的確に分析し、毎日新聞の取材にもたびたび応じてくれた。イラクでISの内情を対外発信することは、命を危険にさらすことと同義だ。最期まで過激思想と闘い続けたハシミさんに哀悼の意をささげるとともに、その勇気に心から敬意を表したい。

 中東での特派員時代、ハシミさんに初めて取材したのは2014年9月だった。イラクで取材協力を受けていた通信員から「ISに詳しい研究者」として紹介を受けた。

 ISは14年6月に内戦下のシリアから進出し、イラク北部の第2の都市モスルを電撃的に制圧した。独自の「国家樹立」を宣言して、重要インフラを管理し、徴税や裁判も行っていた。

 「なぜ、過激派組織がそんなにもスムーズに統治を敷けるのか」。その問いに対して、ハシミさんは03年…

この記事は有料記事です。

残り955文字(全文1365文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  4. わざおぎ登場 中村魁春さん「本朝廿四孝」を語る お姫様を演じて60年超 三姫の魅力とは=完全版

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです