メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金与正氏、「年内の米朝首脳会談は不必要」と談話 米に敵視政策撤回求める

北朝鮮の金与正朝鮮労働党第1副部長=聯合・共同

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の妹、金与正党第1副部長は10日、談話を発表し「米国の立場の決定的な変化がない限り、年内ひいては今後も朝米首脳会談は不必要であり無益だ」と述べ、米国の敵視政策の撤回を要求した。同時に「絶対に非核化しないというのではなく、今はできないということを明確にしておく」と強調した。朝鮮中央通信が伝えた。

 トランプ米大統領が再選を目指す11月の米大統領選の行方を見極める構えとみられる。核戦力増強を進めながら、自国に有利な条件で米朝交渉の仕切り直しを図ろうとしている可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡・大濠公園にイノシシ 警官ら大捕物、逃走後「御用」に

  2. 芸能人のPCR検査早い理由「今後番組で話します」 志らくさんが陰性報告

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  5. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです