メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

氾濫に備え監視カメラ 岩手県が「簡易型」114カ所に設置 ネットで画像公開

2016年の台風10号で氾濫した小本川に設置した簡易型河川監視カメラ=岩手県提供

 河川の氾濫に備えるため、岩手県は簡易型監視カメラを県管理の河川に計114カ所設置し、県のサイトなどで画像の公開を始めた。水位の変化を把握しやすく、県は迅速な避難行動につながることを期待している。【安藤いく子】

 河川には従来、カメラを取り付けてきたが、費用が高額で、県管理河川で34カ所、国管理河川で27カ所にとどまっていた。2018年の西日本豪雨を受け、国と民間企業は共同で、首振りやズーム機能を省いた簡易型カメラを開発。費用の約8割カットを実現した。氾濫の危険が高い場所や、水位計しか…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  2. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです