メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「下駄供養」燃やして感謝 1年間の働きねぎらう 兵庫・城崎温泉

旅館の下駄を燃やして感謝する「下駄供養」に出席した城崎温泉旅館経営研究会のメンバーらと小川祐章住職(右)=兵庫県豊岡市城崎町湯島の温泉寺で2020年7月8日午後5時53分、村瀬達男撮影

 城崎温泉(兵庫県豊岡市)の旅館の下駄(げた)を燃やして感謝する恒例の「下駄供養」が8日、同市城崎町湯島の温泉寺であり、旅館経営者ら約20人が出席した。観光客が浴衣姿で温泉街をそぞろ歩きするのが城崎名物なだけに、関係者は足元を守る下駄の1年間の働きをねぎらった。

 若手旅館経営者でつくる「城崎温泉旅館経営研究会」(冨田健太郎会長、会員20人)の主催。古来、湯治客が回復後、つえや…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新種昆虫に“中村哲医師” エジプト人研究員が命名提案 「功績を知って」

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです