世界遺産大山古墳から不発弾2個 大阪・堺大空襲から75年

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
不発弾が見つかっていた大山古墳=堺市で2019年6月、本社ヘリから山崎一輝撮影
不発弾が見つかっていた大山古墳=堺市で2019年6月、本社ヘリから山崎一輝撮影

 国内最大の前方後円墳、大山(だいせん)古墳(堺市堺区、全長約500メートル)の発掘調査で、堺大空襲の際に投下されたとみられる焼夷(しょうい)弾の不発弾2個が見つかった。宮内庁が今年3月発表の「書陵部紀要第71号(陵墓篇(へん))」で報告した。大山古墳は戦前から現在まで「仁徳天皇陵」として管理され、昨年国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産になった「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」(大阪府)の主要な構成資産。関係者は、歴史都市に刻まれた戦争の爪痕として後世に伝える意義を改めてかみしめる。10日で空襲から75年になる。【花澤茂人】

この記事は有料記事です。

残り1698文字(全文1973文字)

あわせて読みたい

注目の特集