メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無事の経験「まだいいか」 熊本・人吉、多数逃げ遅れ 九州豪雨1週間

段ボールで仕切られた避難所の体育館で過ごす人たち=熊本県八代市で2020年7月7日午後4時12分、徳野仁子撮影

 九州地方を中心に各地で被害をもたらした一連の大雨は、熊本県南部で多数の犠牲者が出た4日の記録的豪雨から11日で1週間となった。1級河川・球磨(くま)川の氾濫で広範囲が浸水した同県人吉市では多くの住民が逃げ遅れた。自治体はどの時点で避難の指示を出し、住民はどう動いたのか検証した。

 「危ないと思ったら、あっという間に家の前で(濁流が)渦を巻いていた。逃げようと思った時には遅かった」。球磨川沿いの中心市街地が浸水した人吉市。自宅の室内が一時1・5メートルの高さまで水につかり、身動きが取れなくなった卸売業の石田たよこさん(72)は、青ざめた表情で4日の豪雨を振り返った。

 「暴れ川」の異名を持つ球磨川は何度も氾濫を繰り返してきた。人吉市は過去の水害データを基に独自にタイムライン(事前防災行動計画…

この記事は有料記事です。

残り2803文字(全文3151文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡・大濠公園にイノシシ 警官ら大捕物、逃走後「御用」に

  2. 芸能人のPCR検査早い理由「今後番組で話します」 志らくさんが陰性報告

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  5. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです