特集

河井夫妻選挙違反事件

自民党に所属していた河井克行前法相と妻の案里元参院議員が、19年参院選を巡る公選法違反容疑で逮捕されました。

特集一覧

現金授受の広島・呉市議に辞職勧告 「市民のため仕事」議員活動続ける意向

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 広島県呉市議会は10日、臨時会を開き、土井正純市議(54)への辞職勧告決議案を全会一致で可決した。土井氏は参院議員の河井案里被告(46)が初当選した2019年参院選を巡る選挙違反事件で、前法相で夫の衆院議員、克行被告(57)から現金を受け取ったことを認めていた。事件に絡み、地方議員の辞職勧告決議案が可決されたのは初めて。

 決議案は5人の議員提案で「名前が公表されると一転して金銭の授受を認めるなど、市民を欺くその言動は到底許されるものではない」と指摘。採決に加わらない議長、土井氏本人、欠席議員1人を除く29人全員が賛成した。決議は法的拘束力がなく、終了後に土井氏は「これまで以上に市民のため仕事をしてまいります」とのコメントを発表し、議員活動を続けていく考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り72文字(全文409文字)

【河井夫妻選挙違反事件】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集