メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第66回青少年読書感想文全国コンクール

古坂大魔王さん「君もスペシャルワンに」 文科省・浅田局長「読みたい本を読んで」 サントリー・阿部課長「言葉の力伸ばそう」 読書巡り座談会

古坂大魔王さん=北山夏帆撮影

 第66回青少年読書感想文全国コンクール(主催・全国学校図書館協議会、毎日新聞社)の課題図書が発表されました。今年は新型コロナウイルスの影響による臨時休校の対応策で夏休みを短縮する学校が多くなっていますが、夏休みは読書というもう一つの「旅」ができる好機。私たちを新たな世界との出合いに導く本の魅力について、文部科学省総合教育政策局の浅田和伸局長と、芸人・プロデューサーで同省のクロスカルチュラルコミュニケーション大使でもある古坂大魔王さん、コンクールの協賛をするサントリーホールディングス(HD)ヒューマンリソース本部キャリア開発部課長の阿部優子さんが語り合いました。【司会・明珍美紀】

 ――「コロナ禍」で外出自粛が長引きました。みなさんの読書時間は増えましたか。

この記事は有料記事です。

残り4930文字(全文5262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  3. 新型コロナ「後遺症」、世界で報告相次ぐ 感染者の1割で倦怠感など長期化

  4. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  5. 混乱続く国民「分党劇」 背景に代表と幹事長の合流巡る対立 地方は恨み節

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです