SNS中傷、“新裁判”で止められる? 「迅速な救済」「表現の自由」両立苦慮

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
被害者が匿名投稿者の情報を得るための裁判手続き
被害者が匿名投稿者の情報を得るための裁判手続き

 インターネット上での中傷対策を巡り、「新たな裁判手続き」が創設される見通しとなった。総務省の有識者会議が10日にまとめた中間報告案に盛り込んだ。匿名投稿者の特定をしやすくするのが目的で、女子プロレス選手の木村花さん(22)が5月下旬にSNS上で誹謗(ひぼう)中傷を受けた後に死亡し、社会的な関心が高まったことが議論を後押しした。だが、急ピッチの検討を懸念する声もあり、一連の議論は被害者救済と表現の自由とのバランスを取る難しさを浮き彫りにしている。

この記事は有料記事です。

残り2324文字(全文2549文字)

あわせて読みたい

注目の特集