メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#セカンドキャリア

長嶋茂雄さんも愛する至高のタマネギの味 私、農家のサウスポー

長嶋茂雄・元巨人監督(左)にタマネギを届け、記念写真に納まる元サウスポー「げんちゃん」。「『毎朝もりもり食べているよ』って。うれしいですよね」

 その明るい声はかつて、毎日のようにグラウンドで聞いた声色だった。「げんちゃん、久しぶりー!」。電話の主は、プロ野球・巨人の長嶋茂雄元監督(84)だ。毎年、初夏の頃にタマネギの注文が入る。「ミスター」から厚い信頼を寄せられ、1996年のリーグ制覇に貢献したサウスポーはなぜ、第二の人生に畑違いの農業を選んだのか。【高橋秀明】

 赤城山を望む前橋市の畑で、取れたてのタマネギにがぶりとかじりついた表情が、思わずほころぶ。6月に入って、タマネギの出荷は最盛期を迎えていた。多い時で年間200トン近いタマネギを扱い、年商は4000万円近い年もあったという。群馬県で栽培されたタマネギの卸と加工食品の会社を営むのは河野博文さん(58)だ。

 「安心、安全にこだわって、有機農法で栽培しています。最初に自分で作った時、生でかじってみたんですが、甘くて、みずみずしくて、うまかったなあ」

 河野さんは高知県大月町出身。理髪店を営む両親の元に生まれ、海と山が近い恵まれた自然環境の中で育った。明徳高(現・明徳義塾高)から駒大へ進み、ドラフト1位で85年、日本ハムに入団。巨人に移籍した96年には、中継ぎとして最大11・5ゲーム差をひっくり返してのリーグ優勝に貢献した。「げんちゃん」の愛称でも親しまれたが、ロッテに移籍した2000年限りで現役を引退した。

 「現役のときはセカンドキャリアのことなんて、何も考えていなかった。引退後は親戚の建設会社で働いていました。お茶くみもやりましたよ。そんな07年の暮れに、独立リーグの群馬ダイヤモンドペガサスから投手コーチの声がかかったんです。悩んだんだけど、妻が『やったほうがいいんじゃない』と言って、背中を押してくれた。自分では決められなかった」

 自宅は川崎市だったため、妻広子さんと娘2人を残し、群馬に移り住んだ。ところが就任2年目の09年夏、遠征帰りのバスの中で携帯電話が鳴った。広子さんは乳がんの手術を受けていた。それでも野球に関わりたい河野さんの胸中を察し、群馬に送り出してくれていたのだ。

 「…

この記事は有料記事です。

残り2046文字(全文2907文字)

高橋秀明

毎日新聞東京本社運動部編集委員。1968年、東京都生まれ。1991年入社。京都支局、鳥取支局を経て、大阪、東京運動部で野球、大相撲、柔道、レスリング、ニューヨーク支局で大リーグを担当。アテネ、トリノ、北京の五輪3大会を現地取材した。2018年4月からパラリンピック報道に携わる。最近の趣味は畑いじり。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ペットの犬が新型コロナ陽性 国内初、別世帯の2匹 健康状態に異常なし

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです